特にスマートフォンを扱う現代の子供の目にはルテインのサプリ

最近の子供は、約20年前と比較して、眼鏡を掛けている割合が歴然と分かる状況となっています。それは、眼疾病を罹患している一部を除いて、一般的に、至近距離で、携帯ゲーム機やスマートフォンの画面を、それも長時間、見続けて操作しているからに他なりません。その画面から発せられるブルーライトは、水晶体を通り、目の奥の網膜に直接届くため、ダメージを与えているのです。これを改善するには、ブルーライトを遮断し、吸収する二重の働きを持つルテインを摂取して補うことが大切になってきます。日々の食生活において、ほうれん草やカボチャやニンジンといった緑黄色野菜に多く含まれるルテインを摂取するには、どうしても不足しがちです。ルテイン効果を補うには、市販のサプリが大きな役割を担ってきます。子供の目は、まだ成長段階にあるため、目の網膜の毛細血管も完全ではなく、大人の網膜と比較して、ブルーライトといった有害な光に、より弱いため、より強いダメージを受けてしまうのです。特に、ブルーライトを画面から発するスマートフォンが必須となっている現代において、それを操作する、現代の子供が、ルテインを摂取する必要性は、ここにあります。そして、必要な摂取量は、食物で、例えると、ほうれん草で毎日150g食べなければなりません。これは、現実的に考えて、ほとんど無理に近いでしょう。その不足分を補う役割を持つサプリが効果的である理由は、ここにあります。